サプリメント(健康食品)成分比較『サプリジャンキーズ』
サプリメント(健康食品)成分比較『サプリジャンキーズ』過去のコラム
サプリメント(健康食品)成分比較『サプリジャンキーズ』過去のコラムを掲載しているページです
INDEX
■サプリジャンキーズTOP

■ダイエットサプリメント
・アルファリポ酸
・L-カルニチン
・L-カルニチン&CoQ10
・ガジュツ
・置換え食(マイクロ等)
・腸内洗浄(デトックス)
・内臓脂肪燃焼
・無料サンプル&お試し

■美容サプリメント
・ヒアルロン酸&コラーゲン
・コエンザイムQ10
・大豆イソフラボン

■健康サプリメント
・マルチビタミン&ミネラル
・ゴマ(セサミン)
・EPA&DHA
・ブルーベリー&ルテイン
・青汁&青汁粒サプリ
・もろみ酢&黒酢サプリ

女性用サプリメント
・バストアップ
・フィールアップ

男性用サプリメント
・ED(パワーアップ)
・サイズアップ
・ボディトラブル

■コンプレックスサプリ
・育毛・増毛・発毛サプリ

■メーカー別サプリメント
・DHC
・DHCダイエット
・ファンケル

健康診断(血液検査)

リンク集
過去のコラム
お問い合わせ
運営者
サプリジャンキーズのコラム(2006年5月)
 昨年、健康情報番組で放送された後、ダイエットサプリメントとして認知されている「アルファリポ酸」のサプリメントに、サイクロデキストリン(CD)で包接化した製品が開発されているそうです。サイクロデキストリン(CD)包接化というのは、糖質であるサイクロデキストリンでその素材を包み込むことにより、素材の安定化や吸収率の向上などを目的とした技術ですが、サプリメントにおいては既にコエンザイムQ10を包接化した製品が多く販売されています。  しかし、今年1月にそのコエンザイムQ10を包接化した製品が成分量を偽装するという事件が発生し、そのサプリメントメーカーが公正取引委員会より警告処分を受けました。コエンザイムQ10包接体の場合、実際のコエンザイムQ10の含有量はコエンザイムQ10包接体の20%でしかなく、つまり、コエンザイムQ10包接体100mg含有と表示されていても、コエンザイムQ10自体は20mgの含有量でしかないということなのです。  

 吸収率を向上させる「包接化」という技術は素晴らしいものですが、今後出回るであろうアルファリポ酸包接体のサプリメント製品には、適正な成分表示がなされることを期待したい。
前月のコラムへ戻る   ⇔   次月のコラムへ進む
Copyright(c) サプリメント(健康食品)成分比較『サプリジャンキーズ』 All Rights Reserved